原付免許取得にも教習が必要に

| コメント(0) | トラックバック(0)

原付免許の取得する際に、教習が必須になったと聞きまして。

私が取った時も試験後に実技の教習がありましたが、
確か1時間程度でちょろっと乗ってみる程度でした。

これがほぼ約10年ほど前のことですね。

それが法の改正で教習3時間が必須になったそうです。
ネットで調べると試験後に教習となっていますが、
聞いた話では事前に自動車学校などで済ます人も居るみたいです。

一応試験にかかる金額は前と同じぐらいみたいですが、
教習の時間が延びているので、多少金額負担も大きくなっているのかも知れません。

当時いくらかかったか記憶が定かではありません。

ちなみにこの話を聞いたのは私が今普通免許を取得する為に通っている自動車学校で、
そこの教員の方から伺いました。

この改正で原付教習を行わなければならなくなった
自動車学校側もかなり大変みたいですね。

原付免許は試験だけで(今までは)取れるのもあって、
身分証明書として高齢の方が取りに来るケースもあったりしました。
私が取得した時もそんな方を見かけたのを覚えています。

ですが、この講習をするようになったため、
実際に原付に乗る必要が出てきたわけです。

免許を取得するので当然ですが、
上記のような理由で取りに来た人からすると割と大変みたいで。

それを指導する自動車学校側もかなり苦労されてるみたいです。
この間は自転車にも乗ったことがない人が受講しに来て、
断るわけにも行かずに乗せたら案の定教習用の原付が壊されたみたいで・・・。

当然有料の講習ですが、結局修理費とかがあるので
赤字で運営せざるを得ないとのこと。

まあ実際に原付に乗ろうとしている人がそんな調子で
筆記だけ通ったからと言って道路に出てこられても
非常に危ないので妥当な措置な気はしますが。

自動車学校がそんなところで苦労してるとは知らなかったですね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.otokursurucukursu.com/mt/mt-tb.cgi/2

コメントする

このブログ記事について

このページは、tomozouが2013年5月 5日 19:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「飲酒運転の厳しさを改めて知る」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。